修理内容から選ぶ

オーバーホール(分解清掃)

時計修理相談室では、大切な時計を長く使っていただくためにも、3~5年に一度のオーバーホールをお勧めしております。
時計を滑らかに作動させ、部品の摩耗を防ぐため、時計内部の部品同士には専用の油がさしてあります。しかし、この油は約3~5年で古くなり、汚れて乾燥してしまうのです。この状態のまま使用し続けると、部品の磨耗が進み、サビも発生することもあり、動作の不良を起こします。私たちは定期的なオーバーホールで部品の洗浄・注油を行い、時計のコンディションを整え、末永くご使用いただくためのお手伝いをさせていただきます。

オーバーホール(分解清掃)

オーバーホール基本作業

お預かり時の状態確認・ご使用状況と不具合内容の確認

お預かり時の状態確認・ご使用状況と不具合内容の確認

外観・運針・防水・操作性・残留磁気・電気特性・精度等を確認します。

row2

ケース・ブレスの超音波洗浄

ケース・ブレスの超音波洗浄

ネジ・接着・中留等の不具合確認及び調整を行います。

(オーバーホールご用命のお客様には、無料にてケース鏡面部分のライトポリッシュをサービスしております。ご希望のお客様はお申し付けください)

row2

ムーブメントの分解掃除

ムーブメントの分解掃除

  • 針・文字板とムーブの取り外し
  • 脱磁・分解
  • サビ取り・超音波洗浄
  • 乾燥
  • 組み立て・注油
  • タイミング調整(機械式)
  • 消費電流測定・歩度測定及び調整(クォーツ)
  • 針・文字板とムーブの取り付け

row2

検査関係

検査関係

  • ムーブを外装部品に戻す
  • 防水検査
  • 巻上検査(機械式)
  • 持続時間検査(機械式)
  • タイミング調整
  • 低温検査(クォーツ)

電池交換

電池式のクォーツ時計では、電池電圧がなくなれば当然針は止まってしまいます。寿命の切れた電池を入れたまま放置しておくと、電池から漏液する等、時計に大きなダメージを与えてしまうことがあります。なるべく早く新しい電池と交換してください。

時計によっては電池寿命切れ予告機能として、秒針が2秒若しくは5秒ごとに進む症状が現れます。故障ではなく、間もなく電池がなくなる予告ですので、早めに電池交換をご依頼ください。時計修理相談室には、時計修理技能士が常駐しております。通常作業であれば、15分程度の作業で完了し、お渡しできます。

電池交換

電池交換基本作業

  • 電池交換基本作業
  • 電池交換基本作業
  • 電池交換基本作業

お預かり時の状態確認・ご使用状況と不具合内容の確認

作動・ケース・ブレス・ガラス・文字板等のチェックや、磁気帯びのチェックを行います。

arrow

ご使用中の電池電圧の測定

電池電圧があるにもかかわらず作動しない場合は、電池切れ以外の原因が考えられます。

arrow

機械の消費電流の測定

規定より大きい電流が必要と計測された場合、電池の減りが早くなってしまいます。

arrow

機械内部の状態確認

汚れ・サビ・水分混入・油乾き等のチェックを行います。

arrow

新しい電池への交換

arrow

裏蓋パッキンの交換、シリコングリス塗布

一部交換のできないものもあります。

ケースブレスブラッシング清掃

arrow

動作確認・時刻合わせ

arrow

ご希望により規定の防水検査を承ります(別途有料)。

20気圧を上限とさせていただきます。
2週間程度お預かりいたします。

電池電圧低下以外の不具合が見つかった場合、私たちが状況を分かりやすくご説明し、オーバーホール他のご提案をさせていただきます。ご検討ください。
クォーツ時計の電池寿命で多いのは、2~3年です。正常に作動して2度目の電池交換を迎える頃には、ご使用から5年ほどが経過しています。電池が切れたとき、電池交換とオーバーホールを順番に行っていただくことをお勧めいたします。

お問い合わせ

オンライン時計診断や配送での修理、来店での修理依頼のご相談・ご予約はこちらから。

  • 03-6826-8507
  • 【受付時間】11:00~20:00
    【休業日】日曜・祝日・年末年始
お問い合わせ WEBでのお問い合わせはこちら